Go to...

一枚起請文 法然が臨終の病床で書いた起請文とは

法然が臨終の病床で書いた起請文とは。保健師森本拓哉:「法然が臨終の病床で書いた起請文とは 」

造園技術者大橋隆:「法然の生涯十五。病床の法然に弟子の一人がたずねます。 「今度は。御往生は間違いはございませんか?」 問われて答えた法然の言葉。 我。もとより極楽にありし身なれば。さだめてか」

郵政外務職員伊東直子:「一枚起請文とは。精選版 日本国語大辞典 – 一枚起請文の用語解説 – 法然源空作。建暦二年一二一二正月同元年一二月の説もある臨終の病床にあって。弟子の勢観の要請に応じ」

住宅?不動産会社営業部員齊藤学:「一枚起請文。宗祖元祖法然上人御遺訓 一枚起請文しゅうそほうねんしょうにんごゆいくん私が説く念仏は 中国や日本の多くの学者たちがお説きになっている心をこらして仏」

中学校教諭森明:「法然上人。しかし眺めた人にしか月の光の存在が分からないように。南無阿弥陀仏と念仏を称えた人時国は臨終間際。少年の法然上人を呼び寄せ「決して仇を討ってはいけない。」

鉄骨工武田拓也:「末代念仏授手印と一枚起請文の邪義をめぐって〔論文〕/浄土宗。また鎮西流祖聖光房弁長の書いた『末代念仏授手印』の裏書きに出てくる。三人の「あるここに取上げる『一枚起請文』とは。古来法然親筆と伝えられてきた黒谷金戒」

介護福祉士高田大輝:「法然上人800年大御忌。父は。臨終間際に少年の法然上人に遺言を言われました。念仏しながら過ごす上人に。弟子の一人がどうか形見に一筆書いて下さいと懇願をした。」

通訳ガイド熊谷拓哉:「とは。いちまい‐きしょうもん〔‐キシヤウモン〕一枚起▽請文 紙枚に書いた起請文。 法然が建暦年臨終の際。門弟の源智の求めに応じて浄土往生の要義を和文」

About swtsgjc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です