Go to...

世界遺産カパック?ニャン:アンデスに広がる6カ国 ベネズ

世界遺産カパック?ニャン:アンデスに広がる6カ国 ベネズ。アマゾンには、先住民はいますが、アンデスほど強固な文明を持っている分けではありません。【保存用】ベネズエラコロンビアエクアドルペルーの4ヶ国の国土はいずれもアンデス山脈を跨いで東西にも大きく拡がっていますがチリの国土はアンデス山脈以西に留まっており東西には狭くなっていますを68倍に高速化した3つの手法。ベネズエラ?コロンビア?エクアドル?ペルーの国土がアンデス山脈を跨いでいるのは何故ですか ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルーの4ヶ国の国土はいずれもアンデス山脈を跨いで東西にも大きく拡がっていますが、チリの国土はアンデス山脈以西に留まっており東西には狭くなっています
4ヶ国がアンデス山脈を跨ぐ国土を持つことができた理由、チリだけアンデス山脈を跨ぐ国土を持てなかった理由はそれぞれ何なのでしょうか 世界遺産カパック?ニャン:アンデスに広がる6カ国。アンデス山脈から海岸の砂漠地帯へ延びた。インカの道があります。偉大なる
道」とよばれる道路網は。インカ帝国の首都があったペルーのクスコを
出発し。本の基幹道路からなります。帝国の東西南北に通じていました。南
はボリビア。エクアドル。アルゼンチン。チリに延び。北はエクアドルから
コロンビアに達しています。ボリビアに入って。アンデス山脈は大きく二つに
分かれ。アルティプラノ高原になりますが。カパック?ニャンの
メインルート

チリ断章。南米大陸の西側を走るアンデス山脈と太平洋とに挟まれて。チリは南北に細長く
延びる。だがチリは。ペルー。ボリビア。エクアドル。コロンビアなど他の
アンデス諸国とはかなり違う。さらにペルー。エクアドル。ボリビアの場合に
は山岳部に多数の先住民インディオが住み。沿岸部との間に民族的。文化的な
差異が大きいが。チリでは先住民インディオの数が国土は。乾燥した北部の
砂漠地帯。中央部の農業地帯。南部の森林?氷河?フィヨルド地帯に大きく分け
られる。

アマゾンには、先住民はいますが、アンデスほど強固な文明を持っている分けではありません。アマゾンは周辺国によって奪い合いになりました。国同士の力関係で国境は決まったと思います。 ブラジルが一番強かったのでアマゾンのほとんどを支配しました。残った地域をベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルーはそれなりに領土を確保しました。 アマゾン地域をめぐるペルーとエクアドルの紛争、最近までやっていましたよね。ペルーとコロンビアがアマゾンの領有をめぐって戦争をしたこともあります。 チリは、アンデス山脈を挟んで反対側にアルゼンチンがあるので、アンデス山脈を越えてまで領土を獲得できなかったのでしょう。

About swtsgjc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です