Go to...

大津賀伝蔵の戦時中の沖縄 空母信濃は沈まず残っていたら航

大津賀伝蔵の戦時中の沖縄 空母信濃は沈まず残っていたら航。信濃が空母として姿を現したのは1944年の11月19日。いつ来るか分からない83分のために空母信濃は沈まず残っていたら航空艦隊の旗艦として沖縄戦と本土決戦で活躍しましたか準備をしているのが教授【激震】。空母信濃は沈まず残っていたら航空艦隊の旗艦として沖縄戦と本土決戦で活躍しましたか 雪風。また第駆逐隊は第駆逐隊。第駆逐隊。第駆逐隊と共に第二水雷戦隊
旗艦神通に所属していた。第駆逐隊第二小隊天津風。初風は。神通
と共に空母龍驤航空隊支援のため別行動であった。月のミッドウェー海戦に
は第二艦隊司令長官近藤信竹中将指揮する第二艦隊攻略部隊の一員として参加
した。既に雪風と時津風は重巡洋艦最上ミッドウェー海戦で大破の本土
回航護衛部隊に指定されており。輸送?護衛任務完了後トラック浜風のみ同地
に残った。大津賀伝蔵の戦時中の沖縄。大艦巨砲主義に凝りかたまって艦隊決戦方式に振り廻されて。いつも当面の目的
と任務をそれた行動に終止しました。前者の轍を踏まずといいますが。之の
冷厳な現実を。例え航空軍に関することであれ放置することは出来ません。今
まで頑強に捷号作戦に固執していた大本営も。「幻の大戦果」台湾沖縄沖航空戦
。続くフィリピン沖海戦の真実。我が方の壊滅的打撃さて。 一応滑走路ができ
てからも飛行場としての機能を高めるために。遂次整備。拡充しなければなり
ません。

空母信濃は沈まず残っていたら航空艦隊の旗艦として沖縄戦と本土決戦で活躍しましたかの画像をすべて見る。

信濃が空母として姿を現したのは1944年の11月19日。10月の”レイテ敗北”で?日本本土への原油の供給が断たれ?もう動かそうにも一番肝心な油が満足にない。11月24日に呉回航が決定した時点に於いても?信濃内部では建造工事が続けられており?高角砲?噴射砲?機銃は?殆んど搭載されていなかった。機関も12基ある缶ボイラーの内8基しか完成しておらず?最大発揮速力も20~21ノット程度という状態であった。”レイテ敗北”で↓動かす油がない呉軍港の”軍艦の末路”?といっても載せれる艦載機も、空母に離発着できて、洋上航法して無事に帰ってこれるだけの技量をもつ搭乗員もいない状況ですから、活躍する事は無理です。無理無理。まずその頃、日本の制空権はアメリカに握られていた。それに空母の信濃は完成するまでこんなに基本設計を変えてる。きっと手抜き工事があったでしょうね。↓信濃しなのは、日本海軍の航空母艦。艦名は旧国名の信濃国から採られた。第二次世界大戦の最大航空母艦だった。 ■概要[編集]軍艦ぐんかん信濃しなのは日本海軍が建造した航空母艦。 マル4計画にもとづき横須賀海軍工廠で1940年昭和15年5月に起工した大和型戦艦3番艦110号艦をミッドウェー海戦以降の戦局の変化に伴い戦艦から航空母艦に設計変更したものである。 1944年昭和19年11月19日、航空母艦として竣工。 11月28日、空襲を避けるため未完成のまま横須賀から呉へ回航される。第十七駆逐隊磯風、浜風、雪風に護衛されて航行中の11月29日午前3時20分、信濃は紀伊半島潮岬沖合で米潜水艦「アーチャーフィッシュ」の魚雷攻撃を受ける。魚雷4本が命中、浸水が止まらず、午前10時50分頃に転覆して沈没した。 竣工から沈没まで艦命は僅か10日間であった。???中略???■空母化[編集]1942年昭和17年春、アメリカが両洋艦隊法により大型航空母艦多数を建造しているという情報を得た日本軍は、改マル5計画で改大鳳型航空母艦や改飛龍型航空母艦など空母の保有数を増やすことを検討していた。 4月18日、空母ホーネットUSS Hornet, CV-8から発進したB-25爆撃機16機が日本を空襲したドーリットル空襲。横須賀にも1機が飛来し、第110号艦の近くで空母に改造中だった潜水母艦大鯨後の空母龍鳳に爆弾1発が命中した。第110号艦に被害はなく、またアメリカ軍機にも発見されなかった。 このドーリットル空襲は6月上旬に実施予定であったミッドウェー作戦にも影響を与えたが、作戦中に発生したミッドウェー海戦で日本軍は、主力空母4隻赤城、加賀、蒼龍、飛龍を失った。 日本海軍は空母機動部隊を再建すべく、戦時急造空母商船改造空母、雲龍型航空母艦、改大鳳型航空母艦等の急造を計画、6月30日に海軍大臣の即時決裁をうけ建造を決定?開始する。 その一環として横須賀第6ドックから第110号艦をどかし、中型空母「飛龍」を改修した雲龍型航空母艦17,500トン2隻を同時建造する意向を示した。しかし2年をかけて船体進行率70%という状態まで形状が出来ていた第110号艦の解体はそれだけでも大事業となり、横須賀工廠の現場からは机上の空論とみなされている。だが大和型戦艦の象徴でもある46cm砲を呉工廠から横須賀工廠へ運搬するために必要な専用輸送船「樫野」が9月4日に米潜水艦グロウラーUSS Growler, SS-215 に撃沈され、第110号艦を大和型戦艦として建造することも難しくなっていた。仮に第110号艦信濃を大和型戦艦として完成させる場合、46cm主砲塔を細かく分解して特務艦「知床」戦艦砲塔運搬可能で輸送するか、第110号艦信濃を横須賀から呉に回航して主砲塔搭載工事を行わねばならなかった。 ここに至り日本海軍は大和型戦艦?第110号艦を航空母艦へ設計変更し、1944年昭和19年12月末を目指し空母として就役させることを決定する。第110号艦は、タービン機械、ボイラー9基、艦前方の弾火薬庫の床の取り付けが完了し、船体中央は中甲板レベルの隔壁の組立中、艦尾は弾火薬庫の床が完成して、その上の構造物に取り掛かった状態であった。 第110号艦の空母改装に当たっては「航空母艦艤装に関しては完成期を遅延せしめざる範囲に於いて、戦訓に基づく改善事項を実施し、また出来得る限り艤装簡単化に関し研究実行す」と軍令部?艦政本部の空母急速増産計画には記載されている。、軍令部次長が海軍次官に宛てた「第110号艦改装主用要目に関する件協議」では、排水量や速力の他、以下の項目を記載している。 ?主用兵装搭載機は艦戦36、艦攻18、艦偵9。但し格納庫は艦戦18に対する分を完備し、艦攻18以上なるべく多数の応急格納し支障なからしめ、その余は甲板繋止めとす。?飛行甲板防御は500kg爆弾の急降下爆撃に対し安全ならしむ。但し後部飛行機格納庫は800kg急降下爆撃に対し安全ならしむ。?舷側防御:第130号艦に準ず第130号艦は大鳳のこと。同艦は巡洋艦20cm砲弾防御。?爆弾、魚雷、航空燃料の搭載量は第130号艦程度とし、飛行機に対する補給を急速容易に実施可能ならしむ。第110号艦の航空母艦への設計変更と改造にあたっては、艦政本部、軍令部航空関係者、航空本部員の間に、基本構想と意見の食い違いがあった。 艦政本部長の岩村清一中将より「本艦の空母としての性能は従来の空母を一変せしめ、洋上の移動航空基地たらしめる。すなわち原則として飛行機格納庫を備えず、従って固有の艦上攻撃機?艦上爆撃機を搭載しない。本艦は最前線に進出し、後方の空母より発艦した飛行機は本艦に着艦し、燃料、弾薬、または魚雷を急速に補給して進発する。しかして巨大な飛行甲板に充分な甲鈑防御をほどこし、敵の空襲下にあくまで洋上の基地として任務を達成する。しかし自艦防衛上、直衛機戦闘機のみは搭載し、この分の格納庫だけは設ける」という案が示された。「戦艦としての防御力を持つ船体に重防御を施した飛行甲板を装備して不沈空母化し、格納庫も搭載機も持たない」との意見さえあったとする主張もある。大鳳型航空母艦があくまで『既存の空母の弱点である飛行甲板の防御』という構想から建造されたのに対し、この初期案ではあくまで『洋上の航空基地』であることを第一として考えられている。またミッドウェー海戦での「航空母艦は被弾損傷に脆弱である」という戦訓から、爆弾や魚雷を装備した攻撃機や爆撃機を艦内に搭載しないという発想でもある。 しかしこの初期案は軍令部や航空本部側からの反発を招いた。神重徳軍令部参謀はアウトレンジ戦法に強く反対し、第110号艦を攻撃用空母とするよう強く主張している。結局、「万が一敵からの攻撃をある程度受けても戦艦構造や強固な飛行甲板によって継戦能力を失わない。仮に他の空母が攻撃を受けて航空機の母艦としての能力を失っても、それらの空母に所属していた航空機を受け入れることで、艦隊としての航空戦闘能力を保持し続け」、搭載?運用する直衛機に加えて攻撃用の航空機を搭載し、さらに他の空母の航空機用の燃料や爆弾、魚雷までも用意しておくという大鳳型の着想と似たものとなった。 全面的に変更された空母用の最終的な設計は、この構想を実現する為に装甲飛行甲板と航空機用格納庫に加えて、燃料庫や弾火薬庫が拡充されることになった。1942年昭和17年7月末、空母への設計変更が決定し、1ヶ月で基本計画完了、9月早々海軍大臣に報告が行なわれた。艦政本部の基本設計が終わったのは11月、横須賀工廠で詳細設計を進め、工事再開は1943年初頭となった。 第110号艦信濃の建造が再開されたのは1942年昭和17年9月、竣工は1945年昭和20年2月末の予定だった。ところが、日本海軍はガダルカナル島をめぐる戦いから多数の艦艇を喪失し、損失艦が続出した。 1943年昭和18年3月25日、嶋田繁太郎軍令部総長は各工廠に「損傷艦の修理を優先し、新造艦は松型駆逐艦及び潜水艦に限定せよ」と通達。同年8月、「第110号艦」の建造は再度中断されることとなる。その上、横須賀工廠は雲龍型航空母艦1番艦雲龍、阿賀野型軽巡洋艦2番艦能代、松型駆逐艦、丙型海防艦の建造や艤装工事、水上機母艦千代田を軽空母に改造する作業、空母翔鶴修理作業南太平洋海戦で大破、空母飛鷹修理作業昭和18年6月、潜水艦雷撃で大破、軽巡洋艦「大淀」や重巡「摩耶」等各種艦艇の修理整備作業を抱えており、工員4,000人を増員しても手一杯であった。不思議なことに、竣工時期は1945年昭和20年1月と1ヶ月以上早められている。 1943年昭和18年6月24日、昭和天皇は横須賀沖に停泊中の大和型戦艦2番艦「武蔵」連合艦隊旗艦に行幸する。これに先立ち、高松宮宣仁親王天皇弟宮、海軍大佐が110号艦を視察している。 1944年昭和19年6月19日から20日にかけて発生したマリアナ沖海戦において、日本海軍は大敗北を喫した。主力空母3隻翔鶴、大鳳、飛鷹を一挙に失ったのである。特に第110号艦信濃の原型となった大鳳喪失は関係者に衝撃を与えた。その後、進攻してくるアメリカ軍に対抗するために110号艦信濃が必要との意見があがった。 7月1日附達212号をもって第110号艦は軍艦 信濃と命名され、航空母艦として登録される以後、110号艦は信濃と表記。同時に「1944年昭和19年10月15日までに竣工させよ」との命令が下る。また「一度戦闘に参加し得るに必要なる設備のみ取りあえず完成せしめ、その他は帰港の上工事」と定められた。『海軍造船技術概要』によれば、軍令部が横須賀海軍工廠長に命じた内容は以下の項目である。 ?居住設備は士官より兵員に至るまで簡素にして最小限のものとする。?事務倉庫以外の倉庫設備も極力簡単にする。?戦闘時の火災を防ぐため、木材部分を極力少なくする。?防毒区画の気密試験を省略する。?中甲板以上の区画の気密試験を省略する。?造機、造兵関係工事もできるだけ後回しとする。?工期目標、10月5日進水。10月8日、命名式後沖繋留。10月15日、竣工。?周辺県の造船所から工員を借り受け、海軍工作学校からの応援も受ける。建造予定が遅れているにもかかわらず、大鳳喪失を補うためにも初期の竣工時期より5ヶ月近く短縮された。???以下続く????完成していても、載せる艦載機も、離発着出来て洋上航法して帰還できるだけの技量を持つ搭乗員もいないので、まったく活躍は出来ませんよ乗せる航空機、搭乗員不足終戦迄に戦力にならなかったと思う戦後なら引揚船で活躍可能だった。正直なところ難しいでしょう。マリアナ沖海戦の時点で虎の子の搭乗員をまとめて失っていて、航空機があっても運用する人間が居ません。また信濃の工事を完遂するのも難しいと思われます。横須賀から呉へ回航したのは熟練工が徴兵されて横須賀工廠では工事の進行が出来なくなったからです。呉はまだ若干マシな状況でしたが、資材不足が深刻化していたので工事未了のまま終戦が関の山でしょう。たぶんムリ搭載艦載機とそのパイロットがかき集めても空母一隻分すら定員に満たない空母部隊を編成するだけの戦力がまったく足りていない信濃が撃沈されたのが1944.11その直前に行われたレイテ沖海戦1944.10では既に、空母に乗せる艦載機や搭乗員がほとんど無くなっていてわずかの艦載機を載せただけでおとり的に使っているくらいですから活躍の場は無かったでしょう着艦出来るパイロットも足りなかったでしょうね。活躍しないでしょう。仮に、信濃が終戦まで生き残ったとしても、大和の水上特攻後の日本海軍は、資材や燃料の不足のため、大型艦の海上運用ができなくなっておりますので、長門や日向などと同様に特殊警備艦として扱われ、横須賀や呉などの軍港に停泊した状態のまま、米機動部隊の艦載機に攻撃されて、損傷または沈没していたと思われます。たとえ信濃が出撃したとしても、米軍機がバラまいた機雷に触雷したり、待ち伏せしている米潜水艦の魚雷攻撃によって沈没するか損傷して軍港に戻ることになって、航空艦隊の旗艦として活躍することはないと思います。

About swtsgjc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です