Go to...

宅地造成等規制法/長野県 都道府県知事は宅地造成に伴い災

宅地造成等規制法/長野県 都道府県知事は宅地造成に伴い災。>例題都道府県知事は、宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街化区域内であって、宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを、宅地造成工事規制区域として指定することができる。37万人月の都道府県知事は宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地または市街地となろうとする土地の区域であって宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを宅地造成工事規制区域として指定することができるを9人でやる話 ?2万9千年生きたSE?。宅建の勉強しています
例題を解いていて解説を見て疑問が残りました

法令上の制限ー宅地造成等の許可について

例題)都道府県知事は、宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街 化区域内であって、宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを、宅地造成工事規制区域として指定することができる

解説)宅地造成等規制法の規制区域は、都市計画区域内や市街化区域内で指定するという規定はない

とあります

テキストには
「都道府県知事は、宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地または市街地となろうとする土地の区域であって、宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを宅地造成工事規制区域として指定することができる 」

とあり、私が疑問に思うのは
1 「市街地や市街地となろうとする土地の区域」=例題の解説にある「都市計画区域内や市街化区域内を指すのではないか 」

という点と

2 例題が「区域内」と指定してるから誤りであって、「都市計画区域や市街化区域」を指定していたら正しかったのか

という点です

解説を読んでも分からないので、詳しい方、知恵を貸してください

よろしくお願いします 宅建。4 都道府県知事は。宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地又は
市街地となろうとする土地の区域であって。宅地造成に関する工事について規制
を行う必要があるものを。造成宅地防災区域として指定することができる。

37年のツケを支払った都道府県知事は宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地または市街地となろうとする土地の区域であって宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを宅地造成工事規制区域として指定することができる界隈における開発環境(2021年8月現在)。。令和元年問19:宅地造成等規制法の解説。4.都道府県知事は。宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地又は
市街地となろうとする土地の区域であって。宅地造成に関する工事について規制
を行う必要があるものを。造成宅地防災区域として指定することができる。
答え。令和01年問19宅地造成等規制法。都道府県知事は。宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地又は市街地 となろ宅地造成等規制法/長野県。宅地造成に伴いがけくずれ又は土砂の流出を生ずる恐れが著しい市街地又は
市街地となろうとする土地の区域において。宅地造成に関する工事等について
災害の防止のため必要な規制を行うこと都道府県知事等は。宅地造成等規制法
の目的を達成するために必要があると認めるときは。関係市町村の意見を聴いて
。宅地造成にを生ずるものの発生のおそれが大きい一団の造成宅地これに
附帯する道路その他の土地を含み。宅地造成工事規制区域内の土地を除く。

【翻訳】都道府県知事は宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地または市街地となろうとする土地の区域であって宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを宅地造成工事規制区域として指定することができるを「 6 」か「 9 」で割ってみる。都道府県知事は宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地または市街地となろうとする土地の区域であって宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを宅地造成工事規制区域として指定することができるの画像をすべて見る。宅建1000本ノック?法令制限?宅地造成等規制法?2宅地造成工事。宅地造成に伴い災害が生じるおそれの大きい市街地又は市街地になろうとする
土地の区域であって,宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるもの
について,都道府県知事がこの法律の目的を達成するために必要があると認める
とき宅地防災:都市:宅地造成等規制法の概要。都道府県知事等※は。宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地
又は市街地となろうとする土地の区域であって。宅地造成に関する工事について
規制を行う必要があるものを。宅地造成工事規制区域として指定することができ
ます

>例題都道府県知事は、宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街化区域内であって、宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを、宅地造成工事規制区域として指定することができる。投稿内容だけで判断したいですが、これ、、、あまり考えて作られた問題ではないようなので、気にしない方がいいですよ。手抜きの問題作りかな?法令文としては欠いている部分がありますが、文章としては正誤が決められない内容になっていますこの選択肢文?だけだとしたら、読み取り方が2通りできる感じです。テキストの解説も、問題の文章としての本質を解説はしていないようなので、理解しようとするだけ無駄だと思います。設問文にヒントはありそうだけど、、、それがあっても屁理屈に近い正誤判断なると思います。『都道府県知事等は、宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい市街地又は市街地となろうとする土地の区域であって、宅地造成に関する工事について規制を行う必要があるものを、宅地造成工事規制区域として指定することができます。』例題では、、、「又は市街地となろうとする土地の区域」これが抜けているから誤りだとする理屈なんだと思います。ただしこの箇所を抜かすと、「であって」の表現が別物に変わる要素が出てきますここに2通りの読み取り方ができてしまう感じです。国語力の問題ですが、それでもこれが選択肢文だとすると、それだけでは正誤はつけられない内容になります。解説をするとしたら屁理屈に近いものになるので、本当に気にしない方がいいですよ。w

About swtsgjc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です