Go to...

平成27年 集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めて

平成27年 集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めて。こういう質問を書けば、護憲派は脳内お花畑だ、平和ボケしている、とかいう回答がズラズラと並ぶことになる。【裏テク】集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めていますがに年682万使うプロが選ぶ!値段の90倍得する本48選。自衛隊は解散しましょう 武器を捨て心から話し合うことで平和が生まれませんか 集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めていますが、
日本は戦争をしないことを憲法で定めています
その意義を今一度を深く考えるべきじゃないんですか 「なぜ」。日本の安全保障をめぐる状況。外交。活動。法制など。さまざまな角度から
説明を試みます。日本周辺の安全保障環境は厳しさを増しています同様に「
法の支配」の強化。ODAの活用。人間の安全保障や女性が輝く社会の実現など
。力強く活動を進めています。平和安全法制の国会審議では。「この法案は
日本国憲法に違反するのではないか」という質問が最も多く出されました。
自衛権?集団的自衛権に関するこれまでの議論砂川事件判決と昭和47年政府
見解

コピペで使えるオシャレな集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めていますが見本 60 (全組み合わせ付)【まとめ】。集団的自衛権行使へ転換。今国会最大の焦点である安全保障関連法案は日の衆院本会議で。自民。公明両
党などの賛成多数で可決され。集団的自衛権の行使を認める内容で。戦後の
安保政策は大きな転換点を迎えた。衆院での審議継続を訴えていた民主党など
野党は採決に反発し。与野党の対立は激しさを増している。安保法案は自衛隊
法や武力攻撃事態法など改正法案を束ねた「平和安全法制整備法案」と。他
国軍の後方保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めていますがの画像をすべて見る。「国の存立を全うし。今後。この方針の下。法案作成を行い。国会に十分な審議をお願いしていきます
。 問1 集団的自衛権とは何か? 答 集団的自衛権とは。国際法上。自国
と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を。自国が直接攻撃されていないにも

7大集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めていますがを年間17万円削るテクニック集!【裏テク】。第189回国会。政府は。安保法案が憲法違反であるという野党などからの批判に対し。違憲か
どうかを判断できるのは憲法の番人である最高裁だけだと主張をしてきました。
この内閣は。恐ろしいことに。憲法は法律の下にある。こんなことを堂々と
国会の審議でおっしゃる。本人の了解を得ていませんから。とあると申し上げ
たいと思いますが。とある憲法学者の方が。この集団的自衛権の話のもっと
憲法が交戦権や海外での武力行使を否定しているんですから。こうなるのは当然
なんです。日本弁護士連合会:安保法は立憲主義に反し憲法違反です。また。世論調査でも国会での安保法案の成立に反対する意見が多数を占めてい
ました。 しかし。ところが。現在。政府は。この政府解釈を変更して集団的
自衛権の行使を容認しようとする方針を打ち出しています。 しかし。日本の
平和や安全保障について各界の方々にうかがった内容を。「集団的自衛権。
それは。

平成27年。付託議案について。お手元に配付しておりますとおり。審査報告書が提出され
まし集団的自衛権の行使を可能にするため。自衛隊法や武力攻撃事態法など。
既存の憲法学者人が国会で。集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法案
は「まず。今国会で審議されている安全保障関連法案は。自民?公明の連立
与党の

こういう質問を書けば、護憲派は脳内お花畑だ、平和ボケしている、とかいう回答がズラズラと並ぶことになる。それを狙った改憲派によりなりすまし質問にしか見えません。護憲、そして戦争反対を訴えているほとんどの人は、専守防衛目的の自衛隊の存在を認めており、砂川訴訟の最高裁判決で判示されているように、日本が個別的自衛権を行使することに憲法は何の支障にもならないという事実を認識しています。–「わが国が主権国として持つ固有の自衛権は何ら否定されたものではなく、わが憲法の平和主義は決して無防備、無抵抗を定めたものではない」「わが国が、自国の平和と安全を維持しその存立を全うするために必要な自衛のための措置をとりうることは、国家固有の権能の行使として当然のことといわなければならない。」「わが国の平和と安全を維持するための安全保障であれば、その目的を達するにふさわしい方式又は手段である限り、国際情勢の実情に即応して適当と認められるものを選ぶことができる」–そして、この憲法があるから、日本はベトナム戦争のようなアメリカの戦争に巻き込まれずに済んだ。その意義を忘れるべきではないということです。ちょっとこれはタチの悪い釣りだな。色々あれど、純粋な人が多いんだからこんな釣り方しちゃダメ。解散して如何する領空領海の概念ないし好き放題 海産資源は取られるし戦場にだってなる占領して併合しようと大国同士争い戦場に国ではないな土地だ自衛隊は有事の際は土地は守れど国民は守らずしかと心得よ集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めていますが、何時の話だろ今は缶国だろキミ、日本の国をどこまで勉強しているのかね。じゃぁ聞くが、東日本の震災で、キミは何ができた?国会がもめて?―――キミの知っているのはテレビで放映される国会の一部や新聞で騒ぐから、程度だろ?町内会の会合でもめて大声を出すことはないかね?国の根幹を決めるのだから国会がもめるのは当然かつ自然だろ?自衛隊の行動も、表面的なことだけ見て「解散」など唱えない方がいい。私の甥?姪は三人とも自衛隊所属だ。キミが中学生でももっと勉強しなさい。●第8部 宇宙の攻防1 米中戦争は宇宙から始まる2019.8.19 ■軍事情報を握る人工衛星を破壊せよ宇宙が新たな戦場となりつつある。米国と中国の覇権争いが激化する中で人工衛星を攻撃し、陸海空の支配を狙う「宇宙戦争」が現実味を帯びてきた。はざまに立つ日本も対応を迫られる。地球を周回する中国の宇宙ステーションからレーザー砲が放たれ、米国の軍事衛星が次々と破壊される。通信網がまひし、機能不全に陥った米軍に「制宙権」を確保した中国軍が襲いかかる-。日米の防衛関係者らの間で話題になった米国の近未来小説「ゴースト?フリート」の開戦シーンだ。小説ではこの後、中国軍は米ハワイを占領し、日本は中立を宣言。在日米軍は撤退し、用済みとなった戦闘機「F35」が沖縄に残される。現実離れした描写もあるが、防衛省関係者は「宇宙から戦闘が始まった点は注目に値する。たかが小説とは言い切れない」。背景にあるのは、自国の人工衛星が突然攻撃される「宇宙の真珠湾攻撃スペース?パールハーバー」への危機感だ。この第一撃が、戦争の帰趨を決めかねない。高度に情報化された現代戦は人工衛星が不可欠だ。軍事通信、衛星利用測位システムGPSを通じた部隊の移動や巡航ミサイル攻撃、弾道ミサイルの早期警戒や地上の偵察など、多くの場面で鍵を握る。これらがまひすると陸海空軍は最新装備を生かせず、最悪の場合は敗戦に至る。核兵器の使用を含む核戦略も、厳重に秘匿された通信衛星の回線に支えられている。だが、人工衛星は守りが脆弱だ。直径数センチの物体が衝突しただけでも機能を失う。防御用の重い装甲は、打ち上げに膨大なエネルギーが必要になるため装備できない事情がある。衛星の機能はサイバー攻撃でも妨害できるが、難度は高い。これに対してミサイルや別の衛星による体当たり、電波妨害、レーザー照射などの攻撃は比較的容易で有効とされ、米中露などは多様な衛星攻撃兵器ASATの開発を進めている。トランプ米大統領は今年2月、陸海空軍や海兵隊などと並ぶ組織として「宇宙軍」を来年創設するため、大統領令に署名した。その前段階となる宇宙統合軍を年内に立ち上げる。背景にあるのは「宇宙強国」を掲げて急速に追い上げる中国への焦りだ。習近平国家主席は2015年、宇宙やサイバー、電磁波などの戦闘領域を担う「戦略支援部隊」を人民解放軍に創設した。米科学者団体などによると、中国の偵察衛星や測位衛星の数は既に米国を上回る。16年には、解読が不可能とされる量子暗号通信の本格的な実験衛星を世界に先駆けて打ち上げた。圧倒的とされた米国の軍事的優位性は宇宙空間で崩れつつあるのだ。米国は中露を念頭に、宇宙における自国への攻撃を想定した対抗演習「スペースフラッグ」を17年から実施している。防衛省防衛研究所の福島康仁主任研究官宇宙政策は「宇宙を制することは、戦いの勝敗を決める重要な鍵だ」「衛星への攻撃兵器は、国際社会にとって大きな脅威となり得る」と指摘する。 ◇■衛星狙う宇宙戦、体当たり攻撃も 装備は、法制度は…日本どう対応中国?北京。2015年9月、抗日戦争勝利70年の記念軍事パレードが各国の元首らを招いて天安門広場で行われた。注目を集めたのは迷彩色のミサイル「東風DF21D」。米空母を狙う兵器として知られるが、衛星攻撃ミサイルの元になったといわれる。衛星を攻撃するミサイル技術は米国やロシア旧ソ連が冷戦期に確立。追い上げる中国は07年に衛星の破壊実験を行い技術力を実証した。その後も衛星を破壊しない形で発射実験を繰り返しており、米国防情報局DIAは今年2月に発表した報告書で「既に実戦配備している」とした。弾道ミサイルの発射を探知する早期警戒衛星は、高度3万6千キロの静止軌道を周回する。中国は13年、高度約3万キロに達するミサイルを発射しており、早期警戒衛星を攻撃できるミサイルの開発も時間の問題だ。米国の早期警戒衛星は、北朝鮮などの弾道ミサイルから日本を守るための要でもあり、大きな脅威となる。宇宙戦では他国の衛星に体当たりして攻撃する「キラー衛星」も威力を発揮する。中国は10年に地球近傍の低軌道で、16年には静止軌道で衛星同士の接近実験を行ったとされる。宇宙航空研究開発機構JAXA元国際部参事の辻野照久氏は「中国には非常時に国家総動員を行う体制があり、民間衛星による体当たりも想定される」と話す。「宇宙では、もはや米国が安全に作戦行動を実施する特権を行使できなくなった」。米宇宙統合軍の司令官に就くジェイ?レイモンド空軍大将は今年6月、上院軍事委員会の公聴会でこう強調した。米国の宇宙軍は東西冷戦下の1985年、旧ソ連の弾道ミサイルを宇宙空間などで破壊する「戦略防衛構想」SDIを進めていたレーガン政権下に設立されたのが始まりだ。通称「スターウォーズ計画」と呼ばれたが、米中枢同時テロを受けた米軍組織の見直しで2002年に解体され、核戦略などを担う戦略軍に吸収された。復活を決めたのは中露が宇宙への軍事的進出を鮮明にしているためだ。レイモンド大将は「中露は米軍が宇宙で衛星に依存しきっていることに着目している」と述べ、宇宙空間が米軍のアキレス腱になりつつあるとの見方を示した。衛星への攻撃は、ミサイルやキラー衛星を使うと大量の破片が宇宙ごみとしてまき散らされ、自国や第三国の衛星にも脅威となりかねない。そこで電波を使った通信妨害などの攻撃が現実的ともいわれる。ロシアは14年に介入したウクライナ紛争で、通信妨害によってウクライナ軍の軍用通信を遮断し、自軍の優勢を確保した。米紙は昨年、中国が南シナ海のスプラトリー中国名?南沙諸島に電波妨害の装置を配備したと報じた。もしも配備が事実なら、南シナ海での有事に米軍の通信が阻害される恐れは十分にある。日本も遅ればせながら対応を本格化させた。昨年12月に決定した防衛計画の大綱では宇宙やサイバー、電磁波といった「新領域」での防衛力整備を強調。防衛省は「現代戦を遂行する上で、宇宙空間は死活的に重要だ」と明言する。日本が力を入れるのは衛星や宇宙ごみなどを地上から見張る宇宙状況監視SSA。日本の衛星に不審な物体が接近すれば、回避して被害を未然に防ぐ。現在はJAXAが行っているが、航空自衛隊も100人規模の専門部隊を発足させ、22年度に山口県でレーダーを稼働させる。衛星を攻撃するには軌道を正確に把握する必要があり、そのためにもSSAは不可欠だが、日本には衛星を攻撃する能力はほとんどない。宇宙での奇襲攻撃は地上と同様に国連憲章に違反するが、実際に起きる可能性は否定できない。自国の衛星が攻撃を受けた場合、米国は相手国のミサイル基地などを破壊する対抗措置が可能だが、日本は憲法9条や「武力行使の新3要件」などで宇宙は対象外とされており、経済制裁などの措置しかできない。多数の衛星が破壊され、自衛隊が完全にまひした場合、日本はどうするのか。宇宙戦をにらんだ装備や法制度に向け、議論を深める必要が出てきた。慶応大宇宙法研究センター副所長の青木節子教授国際法は「宇宙での武力攻撃について、どんなときに自衛権発動の要件にし得るのかを整理しておくことが大事だ」と提言する。●衛星電波の妨害を監視 防衛省、自衛隊に新装備 概算要求へ2019.8.19 09:09防衛省が自衛隊の運用を支える人工衛星の電波への妨害に備えようと、新しい監視機能の装備を開発する方針であることが18日、分かった。昨秋、北大西洋条約機構NATOの軍事演習の際、北欧で衛星利用測位システムGPSへの電波妨害が起き、ロシアの関与が疑われ、衛星の電波への妨害の脅威は高まっている。防衛省は調査研究費を令和2年度予算概算要求に計上し、妨害への監視機能の保有に着手する。衛星の電波への妨害として注目されているのは昨年10月から11月にかけてNATOの大規模軍事演習トライデント?ジャンクチャーが北欧ノルウェーを中心に行われている間、同国などで米国が運用するGPSの電波が妨害を受けたことが確認され、民間航空機の運航に危険が生じた問題だ。ノルウェー政府は妨害にロシアが関与したと指摘し、ロシアは関与を否定した。GPS衛星の電波には時刻と位置情報が含まれ、それを受信することで地球上の物体の位置を測定できる。日本政府は平成22年、日本版GPSの準天頂衛星みちびきの初号機を打ち上げ、令和5年度をめどにみちびきを7基態勢とし、米国のGPSに依存せずに位置を測定できるようにする計画で、すでに自衛隊の運用にも活用を始めている。一方、音声や画像?映像データを中継する衛星通信も地球上と衛星の電波の送受信で機能し、妨害で電波が遮断されると機能停止に陥る。防衛省は自衛隊の運用に民間の衛星通信を利用してきたが、平成29年に初めて保有する防衛通信衛星きらめきを打ち上げ、運用を開始し、令和4年度ごろ3基態勢を整えることで独自の衛星通信網を築く。自衛隊の運用に欠かせない衛星の態勢整備に伴い、衛星の活用が電波を使った電子戦などで妨害される脅威を踏まえ防衛省は妨害を監視する機能を保有する。衛星の電波に対する妨害には1衛星自体2衛星の管制などを担う地上設備3衛星と地球上を行き交う電波への攻撃が想定されている。当面は2の地上設備が狙われやすく、設備が送受信する電波に同じ周波数の電波を照射され混信させられる妨害の恐れが強いとみて、攻撃してくる相手の装備や妨害電波の照射方法の監視と分析に乗り出す。現行の電波収集装備では能力不足で、遠くまで幅広い周波数の電波を収集するため航空機搭載と地上配備の新装備を組み合わせ、常時監視できる態勢を敷く。◇昨秋の北大西洋条約機構NATOの軍事演習中に起きた衛星利用測位システムGPS妨害は宇宙?サイバー?電磁波の頭文字から「ウサデン」と略称される「新たな領域」の脅威が顕在化したことを示している。防衛省は衛星破壊攻撃や宇宙ごみスペースデブリを監視する部隊を航空自衛隊に発足させる予定でレーダーも新設するが、新たな課題が浮上し、妨害阻止に向け米国などと連携することも急務だ。政府が昨年12月に改定した防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」はウサデンを陸海空という従来の領域に対する新たな領域と位置づけた。NATO演習中のGPS妨害は新たな領域のうち宇宙と電磁波の2領域にまたがる攻撃だった。「GPSを含む電磁波というものが現在の戦闘様相において攻防の最前線として重要な領域の一つと認識されるようになっている」今年6月の参院外交防衛委員会でNATO演習中のGPS妨害への認識を問われた防衛省幹部はそう答弁した。ウサデンのうち頻発しているサイバー攻撃に比べ、宇宙と電磁波の領域の脅威が明らかになることは少なかったが、各国の攻防の最前線になっているとの見解を示し、「重要な軍事事象として注目している」とも述べた。日本にとってウサデンをめぐり脅威の源となる恐れがあるのはロシアだけではない。防衛大綱は中国に関し、「電磁波領域の能力を急速に発展」「宇宙領域の能力強化も継続するなど新たな領域での優勢の確保を重視」と明記しており、GPSや衛星通信への中国の妨害も警戒を要する。自衛隊は部隊と装備の位置情報の把握やミサイルの精密誘導にGPSを活用し、遠方の部隊への通信中継や指揮統制は衛星通信に支えられている。妨害によりGPSと衛星通信の機能がまひすれば自衛隊の運用は壊滅しかねず、妨害の監視と分析を踏まえ防御手段の検討にも入る。半沢尚久●陸自電子戦部隊、熊本に配備へ 中国の離島侵攻備え2019.8.20 05:00防衛省が、中国による南西方面の離島への侵攻に備え、陸上自衛隊に電磁波を使う電子戦の専門部隊を新設することが19日、分かった。来年度末に健軍けんぐん駐屯地熊本県に80人規模で発足させる方針で、今月末に取りまとめる来年度予算概算要求に関連経費を計上する。昨年3月に相浦あいのうら駐屯地長崎県に日本版海兵隊として新設した離島奪還部隊「水陸機動団」と連携して前線に緊急展開し、対処力の強化につなげる。電子戦は電波や赤外線といった電磁波を利用するレーダーなどのセンサーと情報通信の分野で、敵の電磁波利用を妨げ、自国の電磁波利用を防護する。陸自には電子戦部隊として第1電子隊が東千歳駐屯地北海道にあり、新設する部隊への統合を検討する。陸自は車載型のネットワーク電子戦システムと呼ばれる装備を更新する予定で、今年度中に更新した装備を通信学校神奈川県に初めて配備し、来年度以降も導入を続ける。収集できる電波の周波数の範囲が広がり、移動中でも電波収集や敵への妨害ができるよう能力を向上させた。電子戦専門部隊は有事の際、この装備を輸送機などで前線に展開。離島侵攻では上陸する敵の部隊や接近してくる艦艇が情報通信やレーダーで使用する電波の周波数を把握し、同じ周波数の電波をぶつけて混信を起こし機能を無力化することで作戦全体を有利に進められる状況をつくる。専門部隊が新設される健軍駐屯地は、九州と沖縄を管轄する陸自西部方面隊が総監部を置く中枢だが、専門部隊は全国の部隊を指揮する陸上総隊の傘下に置く見通し。離島防衛?奪還では水陸機動団が垂直離着陸輸送機オスプレイや水陸両用車で着上陸して敵を排除することを想定し、専門部隊との連携が重要になる。電子戦の能力強化は昨年末改定の「防衛計画の大綱」で宇宙?サイバーと並ぶ新たな領域の柱に据えられていた。その平和偽物です。では、家や車の鍵かけないのですか?最近煽り運転対策で車にドラレコ搭載車 録画中というシールよく見ます。鍵 シールは抑止力なんですよ。憲法も抑止力を高める必要があります。万が一日米に手を出せば報復されるというメッセージが必要です。あなたは自衛隊の意義と、世界をもう少し深く考えるべきです。「永世中立国」のスイスには軍隊も無いとでも思っているんじゃないですか?世の中の戦争は話し合いで解決しないところから始まっています。話し合いで解決しないものを話し合いで解決しましょうとは????wそういうのを現実から乖離したお花畑思想といいます。生まれる訳無いだろう、歴史上防衛力を自ら削減して平和を保った国は無い。武器を捨て丸腰で平和が生まれるなら、軍隊も警察も要らない。●中国軍機が海自艦を標的に危険訓練、一触即発の事態に! 日本側は冷静対応も…政府関係者「いざというときには強く出る」 2019.8.19 中国軍機が今年5月、東シナ海の公海上で海上自衛隊の護衛艦を攻撃目標に見立てて訓練をし、一触即発の事態が起きていたことが分かった。日本側は偶発的な衝突事故を回避すべく、あえて中国側の挑発には乗らず、冷静に対応した。防衛省?自衛隊は緊迫の度を増す現場海域での警戒監視を強化し、抜け目なく防空能力の維持に努めている。複数の政府関係者によると、日中中間線の中国側のガス田周辺海域で5月下旬、中国の複数のJH7戦闘爆撃機が海自の護衛艦2隻に接近してきた。中国軍機は、攻撃目標に射撃管制レーダーを照射し、自動追尾する「ロックオン」はしなかったものの、陸?海?空自の複数の電波傍受部隊は迅速に対処した。中国軍機の発する「海自艦を標的に攻撃訓練する」との無線通信を傍受した。自衛隊側は、中国軍機の航跡や電波情報を詳細にわたり分析し、極めて危険な訓練だったことを把握していた。だが、あえて中国側には抗議せず、事案の公表を見送っていた。軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「自衛隊側は各地の電波傍受施設に中国語などに堪能な隊員を配置し、日ごろから、絶えず情報を探知している」「あえて手の内を明かさず、情報を秘匿するため、日本政府としても抗議をしなかったのだろう」「中国軍機には発射からわずか30~40秒で届く地対艦ミサイルもあるが、護衛艦側は発射まで気付かない」「昨年12月にあった韓国海軍の海自哨戒機へのレーダー照射事件ほどの危険度ではないが、一触即発だった」と指摘した。日本政府関係者は「日中両国の関係は政治レベルでは改善しつつあるが、中国は傍若無人だ」「沖縄?尖閣諸島沖には中国の公船が連日のように来ており、『サラミ戦略』で海洋進出を既成事実化しようともくろんでいる」「日本は米国と結束し、いざというときには強く出る」と語っている。●中国機、海自の護衛艦標的に訓練 探知能力秘匿を優先し政府非公表 共同通信社06:00 東シナ海の公海上で5月、中国軍の戦闘機が海上自衛隊の護衛艦を標的に見立てて攻撃訓練をしていた疑いの強いことが18日、分かった。複数の日本政府関係者が証言した。政府は不測の事態を招きかねない「極めて危険な軍事行動」と判断したが、自衛隊の情報探知、分析能力を秘匿するため、中国側に抗議せず、事案を公表していない。現場での偶発的軍事衝突の懸念があり、緊急時の危機回避に向けた仕組み作りが急がれる。東シナ海では中国によるガス田の単独開発や公船の領海侵入が続き、日本が抗議を繰り返している。今回の中国機の行動は、東シナ海の軍事的緊張の一端を浮き彫りにした形だ。● 朝刊中国軍機、東シナ海で海自艦標的に訓練か 政府抗議せず非公表東シナ海の公海上で五月、中国軍の戦闘機が海上自衛隊の護衛艦を標的に見立てて攻撃訓練をしていた疑いの強いことが分かった。複数の日本政府関係者が証言した。政府は不測の事態を招きかねない「極めて危険な軍事行動」と判断したが、自衛隊の情報探知、分析能力を秘匿するため、中国側に抗議せず、事案を公表していない。現場での偶発的軍事衝突の懸念があり、緊急時の危機回避に向けた仕組み作りが急がれる。日中関係は、政治的には改善が進む一方、東シナ海では中国によるガス田の単独開発や公船の領海侵入が続き、日本が抗議を繰り返している。今回の中国機の行動は、東シナ海の軍事的緊張の一端を浮き彫りにした形だ。政府関係者の話を総合すると、日中中間線の中国側にあるガス田周辺海域で五月下旬、複数の中国軍のJH7戦闘爆撃機が、航行中の海自護衛艦二隻に対艦ミサイルの射程範囲まで接近した。中国機は攻撃目標に射撃管制レーダーの照準を合わせ自動追尾する「ロックオン固定」をしなかったため、海自艦側は中国機の意図には気付かなかった。別に陸、海、空自衛隊の複数の電波傍受部隊が中国機の「海自艦を標的に攻撃訓練する」との無線交信を傍受。その後、この交信内容とレーダーが捉えた中国機の航跡、中国機が発する電波情報を分析した結果、政府は空対艦の攻撃訓練だったと判断した。政府内には挑発との見方もある。日本政府は直後に「極めて危険な軍事行動」と判断し、海自と空自の部隊に警戒監視の強化を指示したが、情報を探知し、分析する能力を隠すため、中国側への抗議や事案の公表を差し控えた。>自衛隊は解散しましょう。 良いですね。賛成です。自衛隊は解散して、きちんとした国防軍を作る必要があります。金はかかりません。自衛隊の人員装備はそのままで、法令を変えればいいだけです。 武器を捨て心から話し合うことで平和が生まれませんか?集団的自衛権や安保法案審議やらで国会が揉めていますが、日本は戦争をしないことを憲法で定めています。そのために、国際紛争は外交交渉で解決されなければなりません。そのためには、日本はもちろん、侵略する相手国も、まずは外交交渉の席につかせる必要がある。 武器を持って攻め込んでくる侵略国が、進んで外交交渉の席につくことはありません。侵略してきた軍をまず壊滅させ、相手国から侵略行為の手段を奪わねばなりません。外交交渉はそのあとです。そのためには、相応の防衛力が必要です。日本が丸腰では、外交交渉によって紛争を解決することは不可能になります。 また日本が相応の防衛力を備えていれば、どの国も容易に日本を侵略することを控えさせる効果もある。それが防衛力の意義であり、その意義を今一度を深く考えるべきじゃないんですか?憲法があるから国家があるのではなく、国家を守るために憲法がある。憲法守って国滅ぶ、「憲法にこだわりすぎて安全保障環境の変化を無視した結果、国の存立が危うくなる事態」に絶対になってはならない。1956年2月の「座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とするところだというふうには、どうしても考えられない」鳩山一郎首相答弁?船田中防衛長官代読という答弁が有名だ。憲法学者はどうしても憲法9条の条文そのものにこだわることがあるが、国民が侵略され、座して死を待つことを自ら憲法に決めるはずがない。先達はその大きな常識で自衛隊をつくった。憲法学者の言う通りにしていたら自衛隊や日米安全保障条約もない。護憲派は国家の安全や生存を脅かす本質的欠格を数多く抱える憲法9条の弊害を知り、現在の日本を取り巻く情勢も踏まえて、もう一度よく考えてみるべきであろう。それでも、子や孫に、座して死を待つに等しい憲法9条を守りぬけと言い遺すのであろうか?●憲法守って「国、民族」滅びる月 午前 11:10当然のことながら、今年も5月3日、「憲法記念日」がやってきました。筆者は納得のいく祝日の国旗掲揚は行っていますが、この日ばかりは国旗を掲げません。日本人の起草による日本人のための日本の憲法ではないからです。この日は、全国で各地で改憲、護憲両派の集会が開かれた中、横浜市西区の臨港パークでは「平和といのちと人権を! 5?3憲法集会~戦争?原発?貧困?差別を許さない~」実行委員会主催が行われた。会場には作家の大江健三郎、木内みどり、雨宮処凛、香山リカ、敬称略などの護憲派の人々が3万人以上集まった主催者発表ゆえ実数は?。それぞれが安倍晋三首相を「安倍」と呼び捨てで批判し、集団的自衛権反対を訴えた。「この暑い中、熱中症で誰か倒れたら全部安倍のせい」と他人の責任にすり替える有様。彼らはそれぞれの屁理屈、御託を並べ持論を展開しました。確かに紛争を回避し、平和的解決を目指すことは当然のことであり、素晴らしいことです。しかし、彼らの主張や理念には大きなものが抜け落ちています。「国を護る」「同胞を護る」大義です。憲法を護ることと、国を護ることは別のものです。彼らの主義、主張は自己満足にしかすぎず、「憲法護って、国、民族が滅ぶ」危険性を大いに孕んでいます。彼らの主義、主張や抗議はすべて国内のみにおいてであり、南北朝鮮、ロシア、支那共産などの行動にはスルーであり、言論の自由と安全を保障された寛大な日本だからできるものだからです。筆者は問いたい彼らに、わが国の主権を侵害し、同胞が殺あやめられた時、憲法を楯にして侵略者に対し、命を賭して議論する決意ありやと???護憲派の集会と同じ日、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は3日、東京?平河町の砂防会館別館で開かれた公開憲法フォーラム「憲法改正、待ったなし!」で基調提言を行った。櫻井氏は中国を具体例にあげ、憲法前文のいびつさを訴えた。憲法前文には日本国政府は愚鈍でよろしい。何もしなくてよい、能力もなくてよい、政府、政治家は何もしなくてもよいということが事実上書いてあるのです。国民の命、幸福、安寧を守っていくことが為政者の一番大きな責任だが、前文になんと書いてあるか。私たちの命を「国際社会に預けなさい」と書いてあるのです。「中華人民共和国のような平和を愛する国の公正さと信義の厚さを信頼して、日本国と日本国民の安寧と生存を守っていこうと決意した」と憲法前文の曖昧さを指摘しされ、櫻井よしこ氏は尋ねられた。皆さんの命、ご家族の命を中国に預けますか?中学生に聞いても小学生に聞いても同じ返事が戻ってくるはずだ。「おかしい」。でもおかしいと思うことが前文に書かれている。それを私たちは70年間も変えずにきてしまった。本当に悔しい。中国は四半世紀以上も歴史に例のないような異常な軍拡を続けてきたから、これに追いつくのはとても困難だし不可能だ。また、わが国は中国のような軍事大国になる気は毛頭ない。わが国に見合った軍事力を持ち、憲法改正をして自衛隊を軍隊として行動できるようにしながら、突出した軍事大国になる道を選ぶのではなく、日米安保条約をもとにしてインドともオーストラリアとも東南アジアとも、自由や民主主義や人権や弱い人を大事にする、環境を守る、色々な意味で価値観を共有する国々と互いに手をつなぎながら、軍事的な抑止能力をつくっていくのが良い。それは簡単なことではない。私たちの心が問われることだ。戦後ずっと「日本人がやらなくたってアメリカがやってくれるんじゃないの?」「私は嫌だからアンタやって」。これが日本人の精神世界だった。そうではない。どんなに小さな国であっても、どんなにお金がなくてもわが国は立派に日本国民の手で日本国を守ってきた。それが私たちの国の誇りある伝統だ。筆者はいつも思うのです。多くの日本国民は前者の戦わずして国滅ぶことを唱える護憲論の前者ではなく、後者の日本の未来を選択するであろう。日本人ならば???自衛隊反対と叫ぶ団体に殴り掛かった若者ある日曜の午後、街を歩いているとデカデカと『自衛隊反対』と書かれた横断幕を持った。10人ぐらいの集団が演説をしていた。先頭に立ちマイクで「自衛隊ハンターイ」「自衛隊は即刻、解体しろー」と叫んでいるのは50代後半と見られる中年の男性だ。あの男性見覚えがある。確かTV番組で「敵が攻めて来たら、殺すぐらいなら殺される方がマシだ」などとバカなことを言ってい–た人だ。バカだなぁと思いながら演説を聞いていると、1人の若い男性がつかつかとその演説をし–ている中年男性の元に歩みよりいきなり拳を振り上げた。咄嗟に中年男性は両手を上げ、身を守–ろうとした。すると若い男性は言った、「それが自衛隊や。あんたを傷つけようと振りかざしたこの右手やなく、それから身を守ろうとあんたが咄嗟に出したその両手が自衛隊や。」「あんたは日本からその両手を奪おうとしてるんやで。」その瞬間まわりで事の一部始終を見ていた人達から拍手が起こり、何も言い返すことが出来なかった中年男性の声にならない声がマイクを通して辺りに虚し–く響いた。いまだに「憲法9条があるから戦争がなかった」とか、「自衛隊は暴力装置だ」とか、愚にもつかないことを大真面目な顔をして言っている人や団体があることには驚かされます。桑南です、路駐米朝にも兵和犬包がある問い胃野です。その通りですね。兵器をこの世から無くさないと平和にはならないでしょう。武器を捨て心から話し合うことで平和が生まれませんか?それが出来たら良いんですけどね。現実的には難しいでしょう。日本は戦争をしないことを憲法で定めています。その意義を今一度を深く考えるべきじゃないんですか?あなたはその意義をどのように考えていますか?煽りでなくて、意見を知りたくて聞いている。武器を捨て心から話し合うことで平和が生まれませんか?生まれませんバカに何を言っても無駄日本国憲法が定めているのは「こちらから能動的に攻撃する戦争」です。他国から攻撃された場合は、迎撃しなくてはなりません。したがって、自衛隊は必要です。こう言う事言っても無駄でしょうけどね。心から話し合って平和が生まれるなら自衛隊どころか世界中の軍隊は必要なく警察だけで十分です自衛隊は日本の防衛のために日々一生懸命働いてくれているのです、簡単に解散とか言わないくださいその通りです。いつまで経っても歴史から何も学ばない人が如何に多いことか。そんな軍備にかけるお金があるなら、ユニセフに使った方がずっと有意義。武器を捨てて心から話し合うことで平和が生まれると、世界各国が賛同し全ての軍隊が解散をするのでしたら自衛隊もそうすべきです。その論は、是非とも中国に行って広めて下さい。この国は過去20年間に、軍事費を数十倍に増やし、周辺国と深刻な摩擦を起こしていますから。あなたは、韓国人ですね。自衛隊を無くして、日本を攻めるつもりでしょう。1996年平成8年にペルーの首都リマで起きた、銃で武装したテロリスト集団が日本国大使公邸を襲撃して600人以上を人質に取り、4ヶ月以上も立て籠もった事件を知っていますか?在ペルー日本大使公邸占拠事件この事件の時、当時の日本政府が現地ペルーの関係者に与えた指示が今でも語り草になっています。「もっとよくテロリストと話し合え。」世界中の笑い者になりましたよ日本は。あなたのような頭の中がお花畑でいっぱいの人が他にもいたのです。ちなみに事件はペルー特殊警察部隊の強行突入による犯人射殺で解決しました。今の段階でそれをするとチベットの二の舞になります。中国や北朝鮮が武装を解除して日本との平和条約でも結ばない限りは危険な机上の空論になります。このすぐお隣の危険な国の存在がある為、日本政府は核兵器禁止条約に賛成すればアメリカの核の傘をも否定する事になり自国が核兵器を持たなくても日米同盟に頼らざるを得ないのです。自衛隊を軍隊と定義するかどうかは別問題として考えるとして、軍事力を保持している事が戦争を防ぐ為の抑止力になるのも事実です。武器を捨てる、を突き詰めれば他国の侵略を許すどころか、警官も武器の保持を許されないので無法地帯の誕生を意味します。その意義をもう一度深く考えてみて下さい。綺麗事のようにも聞こえますが、そんなことしたら中国、朝鮮半島、ロシアは泣いて喜ぶと思います。「日本にも俺たちの味方がいたぞ」と。答えは、地政学をまなべば分かります。それで戦争が回避できるなら、殆ど軍備のなかったチベットは存在し、中国のパンダではなくチベットのパンダと言われていたでしょう

About swtsgjc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です