Go to...

憲法第2章 憲法9条の第一項でいう戦争の放棄と第二項の交

憲法第2章 憲法9条の第一項でいう戦争の放棄と第二項の交。憲法9条を小学校で習う文法を用いて普通に読むと?まず?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使は?国際紛争を解決する手段としては?永久にこれを放棄する??指示語『これ』とは?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?を指すが?倒置法を使っており?元に戻すと?国際紛争を解決する手段としては?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?となり?『これ』が指す内容となる?そして?『これ』を永久に放棄する?としている?主語は?日本国民??術語は?放棄する??何を放棄するのか。【完全保存版】「憲法9条の第一項でいう戦争の放棄と第二項の交戦権の否認は同じ意味ではないのですか」ってなに? 本当にお得なの? よくわかんないから、主婦が聞いてきた。憲法9条の第一項でいう「戦争の放棄」と第二項の「交戦権の否認」は、同じ意味ではないのですか どう違うのですか 憲法9条とは。憲法9条とは日本という国が自発的に戦争を行わないことを規定した憲法です。
1947年に施行された日本国憲法は。全部で11章?103条によって構成
されるものですが。第2章「戦争の放棄」は第9条の1つの条文だけで政府の
解釈としては「日本国憲法では確かに第9条にて戦争放棄。戦力不保持。交戦権
の否認に関する規定を置いている。この改正案は第2項を完全削除し。自衛隊
を国防軍として明記し。国際的にも国内的にもはっきりと「軍」だ憲法9条の「本当の意味」をそろそろ直視しませんか。第9条 日本国民は。正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し。国権の
発動たる戦争と。武力による威嚇又は武力の憲法制定時。平和国家化とは。
アメリカを含む周辺諸国に戦争を仕掛けない国。という意味が第一であった。
そこで政府は。自衛隊の存在を。条項の「戦力」には該当しない「自衛のため
の必要最小限度の実力組織」だと説明した。これについて衒学的争いがある。
項で戦争放棄しているのに改めて交戦権を否認するのは重複だ云々といった話で
ある。

憲法9条の第一項でいう戦争の放棄と第二項の交戦権の否認は同じ意味ではないのですかなら知っておかないと損する95のツール【衝撃】。防衛省?自衛隊:憲法と自衛権。憲法と自衛権 1.憲法と自衛権 わが国は。第二次世界大戦後。再び戦争の惨禍
を繰り返すことのないよう決意し。この平和主義の理想を掲げる日本国憲法は
。第9条に戦争放棄。戦力不保持。交戦権の否認に関する規定を置いています。
4交戦権 憲法第9条第2項では。「国の交戦権は。これを認めない。」と
規定していますが。ここでいう交戦権と国兵力の殺傷と破壊を行う場合。外見
上は同じ殺傷と破壊であっても。それは交戦権の行使とは別の観念のものです。憲法第2章。フォントサイズはポイント/環境設定/一つ戻る 日本国憲法 第
2章 戦争の放棄 第9条 日本国民は。正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に
希求し。国権の発動たる戦争と。武力による威嚇又は武力の行使は。国際紛争を

憲法9条を小学校で習う文法を用いて普通に読むと?まず?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使は?国際紛争を解決する手段としては?永久にこれを放棄する??指示語『これ』とは?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?を指すが?倒置法を使っており?元に戻すと?国際紛争を解決する手段としては?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?となり?『これ』が指す内容となる?そして?『これ』を永久に放棄する?としている?主語は?日本国民??術語は?放棄する??何を放棄するのか??国際紛争を解決する手段としての国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?では?国際紛争?とは何か?それは対立する当事国同士が?一方の目標が他方の犠牲においてのみ達成されるような状況で?互に相いれない要求を掲げ?推し進めようとする事?この解決の為に武力行使する事を戦争と言うが?武力行使した時点で円満解決では無い?どちらかの国がどちらかの国に自国の目標思惑を強要しようとした結果だ?9条ではこの強要しようとする戦争を?国権の発動たる戦争?と表し?放棄している?国権の発動でない?受け身の戦争は放棄していない?要するに?自国の目標を他国に強要するために武力を利用する権利?を放棄している?よって?例えばC国が発動した国権により?日本の施政圏が武力による脅威を受けた場合?その脅威を排除する為に日本が武力を行使したとしても?それは日本が主体的に交戦権を発動した訳では無く?C国に誘発された自衛権なので問題無い?また日本に被害をもたらすことが明らかな艦隊?航空機群?弾道?巡航ミサイルが接近すれば?緊急避難により領域外でも攻撃可能?もっと言えば?日本に攻撃する事が明らかなら?ミサイルの発射準備に着手した時点で?当該国領域内でも攻撃可能昭和、衆議院内閣委員会 鳩山総理答弁船田防衛庁長官代読より意訳?ただし他国領域内への攻撃のみを目的とした兵器?及び他国領域内への攻撃も可能な兵器を?防衛を超えて他国侵略に十分な規模で持つ事は違憲?因みに目的語である?戦争?と?紛争解決の為の武力の行使?は同じ事を言っているが?旧日本軍が多用した?威嚇挑発?も入れたかったので?二つに分けたのだろう?更に?日本と諸外国の国際紛争?と限定していないので?他国間の紛争解決にも日本が武力介入する事を禁じている?政府はこれを?集団的自衛権?として禁じていたが?9条は日本が攻撃を受けた際に米軍と共同戦線を張る事を禁じている訳では無いので?個人的には少し語弊を感じる?次に?前項の目的を達するため?陸海空軍その他の戦力は?これを保持しない?前項の目的とは?日本の目標を他国に強要する為に武力を利用しない事?であり?この目的を達する為??陸海空軍その他の戦力は?『これ』を保持しない?となっている?陸海空軍その他の戦力を保持しない?とはなっていない?そして『これ』とは?日本の目標を他国に強要する為に武力を利用する権利??では逆に?日本の目標を他国に強要する為に利用できる武力?とは何か?それは日本の主張を飲ませる為に紛争相手国領域内でその国に物理的打撃を与え続け?強要する能力=紛争相手国領域内での戦争継続能力=他国領域内への戦力投射能力??『これ』を保持しない?となっている?最後に?国の交戦権は『これ』を認めない?となっていますが?ここでも?国の交戦権を認めない」とはなっていません。そして『これ』の説明はもう不要ですよね?上記の通り?日本語でも?軍隊を持たない?とは書いていない?しかし?戦力?とは攻撃力と防衛力から成っており?この内攻撃力を除いた物を?戦力?とは言わない?軍隊も自国の防衛権と他国への侵略権という二つの権利を持つ受容出来る組織だが?その内他国への侵略権を放棄すれば?厳密には?軍隊?では無い?この観点から?他国領域内への戦力投射能力とその権利を放棄した自衛隊は軍隊では無く?超強力な国境?沿岸?領空警備隊?自衛隊は警察権を根拠とする警察予備隊を前身としており?軍隊で無いことは明白です?国防面から見ても、合憲性から見ても、改憲の必要性は全く無い?第一項は国際法上禁止されてますので問題ないです。第二項の「交戦権の否認」は矛盾してますので一言「しかし日本が他国に侵略されたら抵抗する」と改正すれば整合性はありますね。

About swtsgjc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です