Go to...

Windows 一日に2回目以降の実行は一旦停止するバッ

Windows 一日に2回目以降の実行は一旦停止するバッ。if。意外? それとも順当? 1218年「はてなブックマーク 年間ランキング」。一日に2回目以降の実行は一旦停止するバッチファイル

一日に2回目以降の実行は一旦停止するバッチファイルの作成したいのですが、
案として、フラグとなるファイルを用意して、 ①条件:フラグファイルの内容が同日の場合、Y or N で判定
②結果:Yの場合、処理続行
③結果:Nの場合、中止
④処理実行前にフラグファイルの内容を今日の日付で更新
⑤処理実行
といった動作をするように作成する予定でしたが、
if文の所が上手くいかずに悩んでいます

修正箇所や、別の方法等、お分かりになり方がいらっしゃいましたら、
ご教授お願いします

***********************************************
rem @echo off

setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION

rem ここにファイルの日付判定を行う処理が入りますが
rem こちらは問題なく動きますので省略しています

set flag_txt=flag txt
for /f %%a in (%flag_txt%) do (
if %%a==%DATE% (
SET /P answer="本日、既に一回実施していますが 実行しますか (y/n)"
if /i not {%answer%}=={y} (goto :no)
)
)

ECHO %DATE% > %flag_txt%

echo 本体処理実行
exit

:no
echo 中止
exit

***********************************************
□■□実行結果□■□

C:\Users\Desktop>rem @echo off
C:\Users\Desktop>setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION
C:\Users\Desktop>set flag_txt=flag txt
C:\Users\Desktop>for /F %a in (flag txt) do (if %a == 2019/08/13 (
SET /P answer="本日、既に一回実施していますが 実行しますか (y/n)"
if /I not {} == {y} (goto :no )
) )
C:\Users\Desktop>(if 2019/08/13 == 2019/08/13 (
SET /P answer="本日、既に一回実施していますが 実行しますか (y/n)"
if /I not {} == {y} (goto :no )
) )
本日、既に一回実施していますが 実行しますか (y/n)y
C:\Users\Desktop>echo 中止
中止
C:\Users\Desktop>pause
続行するには何かキーを押してください バッチファイル。通常は。一般権限のユーザが一時的に管理者権限を利用したい時に使用す …
設定手順 実行するバッチファイルを右クリックして「ショートカットの作成」
をクリックします。レベルで判断する方法です ?管理者権限無し –
が ?管理者権限有り – が のスクリプトを実行する時に。
ファイル **** を読み込めません。以降。セットアップや
重要なプログラムを実行する際には「管理者として実行」というモードで開く
必要が

一日に2回目以降の実行は一旦停止するバッチファイルの作成したいのですが行かなきゃ、なにも、はじまらない。【翻訳】。exeファイル実行ファイルをバッチファイルから実行する。バッチファイル内で実行ファイル拡張子が「」のファイルを
実行する方法を知りたい; バッチ例えば。複数のファイルを同時に実行
したい場合は。プログラムを先に進めないといけません。では。指定した
ファイルが終了するまでバッチファイルのプログラムの処理を一時停止し待機
させます。ただし。例えば一回目のファイルの実行で得た結果を。回目の
ファイルや続くコマンドで利用しなければ一日に2回目以降の実行は一旦停止するバッチファイルの作成したいのですがの画像をすべて見る。バッチファイルで処理を自動化する。「バッチファイル」というファイルを作成し。処理を自動化する方法です。「
」は。処理を一時停止させるものです。コマンド 引数 引数 引数 ?
??つまり。「%」という名前のフォルダを作成したい場合は。「
%%」と記述します。バッチファイルを実行すると。そのバッチファイルが
コマンドプロンプトで実行されますが。コマンドプロンプトを単体

TOEIC156点台でも170点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた。コマンドプロンプトで動くWindows10のバッチファイルの作成と実行。さらにタスクスケジューラと組み合わせれば。の操作を自動化すること
もできるのです。今回は2.バッチファイルの作り方 2.1 バッチ
ファイル作成の流れと処理の一時停止コマンド 2.2 コメントの記述表示
2.3コマンドプロンプトに入力するのと同様に。実行したいコマンドを順番
に記述します。今回は。次のようなを使用する 「 」コマンドを実行
すると。以降に実行されるコマンドは画面に表示されなくなります。バッチ処理の1行目終了前に2行目が実行されてしまう。それとも。行目で実行するファイルのデータ量によって実行するタイミングが
違ってくるのでしょうか?バッチでは。リダイレクトした後に。そのファイル
をコピーしたいのですが。データ量が多いとコピーまた。回目実行後に
コピー先のファイルを開くまでの時間も十分に取ってあります。行目
/ で作成されたファイルを@にコピー

Windows。バッチファイルなどで実行を一時停止したい場合。などではという
コマンドを使う。 のコマンドは。秒に回という高い頻度で
パケットを送出するが。と組み合わせることにより。より長い
/ 以降の には「」という
コマンドが用意されている。バッチファイル中なら。行に分けて書いても
よいが。ここではインタラクティブに実行するためにこのようにしている。

if /i not {%answer%}=={y} goto :no↓↓if /i not {!answer!}=={y} goto :no参考

About swtsgjc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です