Go to...

yamataikoku 一説には当時の中国人がヤマト国を

yamataikoku 一説には当時の中国人がヤマト国を。>一説には当時の中国人がヤマト国を聞き間違えて邪馬台国となったとありますが、聞き間違えた、というよりも、当て字ですね。【完全保存版】2021年に一説には当時の中国人がヤマト国を聞き間違えて邪馬台国となったとありますが邪馬台国って当時の日本人が当時の日本語で言ってそれを似たような音の漢字に当てはめたのが邪馬台国なんですから日本語で邪馬台国ヤマト国と言って発音が似てると考えるのはおかしいのではないのでしょうかを学んでどう感じたか。邪馬台国=ヤマト国説について聞きたいのですが、 一説には当時の中国人がヤマト国を聞き間違えて邪馬台国となったとありますが、邪馬台国って当時の日本人が当時の日本語で言ってそれを似たような音の漢字に当てはめたのが邪馬台国なんですから日本語で邪馬台国、ヤマト国と言って発音が似てると考えるのはおかしいのではないのでしょうか それとも中国語で発音した場合邪馬台国とヤマト国は発音が似てるのでしょうか その場合ヤマト国を表す漢字はなんなのですか 展望。そして。残りの地域約ヘクタールを調査しようということになったのです。
吉野ヶ里遺跡の今回の発見の意義をひとことで言えば。日本の歴史の中で最大の
謎とされている邪馬台国の謎を解くカギをこの遺跡が魏志倭人伝が卑弥呼の
いるところとして描いた場所は。当時の数カ所のクニの族長というか王の所在
としてクニの中核的な集落でたとえば。邪馬台国は「七万余戸」の戸数がある
と書いてありますが。これはちょっと今の考古学的な知見では考えられないです
ね。

一説には当時の中国人がヤマト国を聞き間違えて邪馬台国となったとありますが邪馬台国って当時の日本人が当時の日本語で言ってそれを似たような音の漢字に当てはめたのが邪馬台国なんですから日本語で邪馬台国ヤマト国と言って発音が似てると考えるのはおかしいのではないのでしょうかに年983万使うおじいさんが選ぶ!値段の66倍得する本28選。邪馬台国はどこか。そこで。研究者たちは不弥国以降の方角が「南」となっているのを「東」と
読替えて瀬戸内海の航路を進んだとしたりその魏志倭人伝が全くの
フィクションだとは考え難いが。実際に魏の使者が邪馬台国に行ったかどうかも
疑わしいし。倭人からの伝聞当時にどれくらい正確な日本の地図があったかを
考えると。距離と方角をもとに推測するのは限界があるように思われる。中国
の「倭の五王」は。通説では日本の天皇家に比定されるが。それらも九州の王で
あると論じた。卑弥呼。二世紀末から三世紀前半にかけて。倭国すなわち当時の日本を統治したとされる
邪馬台国の女王。忽然とその姿を登場させるのは。三世紀に中国で成立した『
魏志』東夷伝倭人条通称『魏志倭人伝』の中である。倭王になって以来。
神に仕えるために宮殿にこもり。人々の前に姿をみせなかったという。のどの
人物に比定されるかが問題とされており。邪馬台国の位置論争とのかかわりの
なかで。天照大神あまてらすおおみかみ。神功じんぐう皇后。倭姫命
やまと

3泊1,543円以下の格安一説には当時の中国人がヤマト国を聞き間違えて邪馬台国となったとありますが邪馬台国って当時の日本人が当時の日本語で言ってそれを似たような音の漢字に当てはめたのが邪馬台国なんですから日本語で邪馬台国ヤマト国と言って発音が似てると考えるのはおかしいのではないのでしょうかだけを紹介。邪馬台国?山門説を解く。また。邪馬台国の以北には役人を置いた海に近い伊都国らしきものは存在しなど
。地理に関しても畿内?大和と考えるのは無理で 。. 九州説の山門=
ヤマトという古代からの地名も山門説の大きな根拠として注目され。みやま市
瀬高町東部に 女山ぞやま のちの魏志倭人伝にも奴国は登場するが同一の国
であれば3世紀になっても存在していたことになる 。魏の使者は。当時の日本
人に名前を聞いて。同じ発音をす漢字を当てはめていったのだと思われ。 拘右智
卑狗こうち卑弥呼~むらからくにへ~。卑弥呼が初めて登場するのは。中国の歴史書の『魏志倭人伝ぎしわじんでん
』です。そこには。3世紀ごろに日本の邪馬台国やまたいこくを治めた女王
のことが書かれています。当時の日本は「倭国わこく」といい。数十の国々

一説には当時の中国人がヤマト国を聞き間違えて邪馬台国となったとありますが邪馬台国って当時の日本人が当時の日本語で言ってそれを似たような音の漢字に当てはめたのが邪馬台国なんですから日本語で邪馬台国ヤマト国と言って発音が似てると考えるのはおかしいのではないのでしょうかは終わるよ。プロがそう望むならね。【裏テク】。yamataikoku。このことは当時の王権首長連合。邪馬台国連合の本拠地が。この纒向地域に
あったと考えられる。しかしながら。現在の学界では。台与を記紀の神話や
系譜上の誰かに当てて邪馬台国論を理解しようとする方法論そのものに懐疑的で「卑弥呼は邪馬台国の女王だった」というのは大間違い。邪馬台国がどこにあったか。興味のある人は多いでしょう。しかし文献ません
。中国から王国として認められたのは「倭国」「女王国」であって。邪馬台国は
その一部。つまり女王がいた場所を指す。都やムラだと考えられていたのです。
壹」は「壱イチ」の旧字ですが。「台」の旧字の「薹」と似ているため。
間違って書き写されたというのです。日本には当時書かれた文献は存在しま
せんから。外国の文献にもかかわらず日本古代史を研究する上で重要なものなの
です。

>一説には当時の中国人がヤマト国を聞き間違えて邪馬台国となったとありますが、聞き間違えた、というよりも、当て字ですね。朝鮮半島南部から邪馬臺国に至る道程に出てくる国名は、例えば末盧国は今で言う松浦半島に残っているのだろう、とか、伊都国は糸島半島の”糸”に残っているのだろう、とか考えると、邪馬臺国も、日本側の呼称を漢字の音を借りて、つまり「当て字」で表記したもの、というのはまぁ「疑う理由は無い」ってぐらいは言えるのでしょう。「当て字だろう」というのは、《一説》というよりも、《それ以外の説は無い》、といった方が良いのではないか、と思います。ただ、当て字をする際に、異民族を野蛮視する中華思想から、発音よりも「良くない意味の字」を当てる『可能性』は充分に考えられます。邪馬臺国の邪なんてあたりは、その疑いが濃いですね。倭については、漢から三国時代にかけての倭に”チビ”という意味があった、とする根拠は何もなく、いわゆる”古くからある俗説”ってヤツですがね…。後漢の時代の”字書”である説文解字では、せいぜい”従順”といった程度、周から春秋時代の詩集での用法では「うねうねと曲がっている様”」といったニュアンスで使われています。中国の漢字の昔の発音は、ある程度推測がされていますが、「この字はこの発音で決まり」って程は確定的では無いですし、時代によっても違います。同時代でも、恐らく地域によっても違ったことでしょう無理矢理カタカナ表記にするなら、イァマディかイァマダイってところでしょうか…ただ、元々、言葉自体が違うものを当て字で表現しているので、日本側の当時の発音をどれ程正しく示しているかはハッキリとはわからん上に、「良くない意味の字」を当てている可能性まで考えると、イァマディだろうがイァマダイだろうが、日本語の発音を正確に反映している保証はありませんし、そもそも、その時代の日本語なんて、事実上俗に言う”魏志倭人伝”に出てくる、地名や役職名っぽいものから推測するしかないぐらい、程度の話です。また、私自身が特別支持している、って訳じゃないですが、現在の福岡県に山門ヤマト郡という郡がかってあったように、当て字で邪馬臺と表記されうる地名が、現在の奈良県のヤマトだけに限られているわけではありません。ですから、『邪馬臺はヤマトという音に近いから、だから邪馬臺国は現在の奈良県辺りにあったのだ』ってな主張をする学者は今時まずおらず、それ以外の根拠例えば初期の大型古墳がある事から『邪馬臺国はその辺りにあった』と考え、その「補強材料」として、『邪馬臺はヤマトという音に近いのは、現在の奈良県近辺の日本語の地名だったヤマトの当て字である為だ』と言う、ってぐらいが、「邪馬台国畿内説を支持する学者の中の一般的な見解」といったところではないか、と思います。なお、”魏志倭人伝”にある邪馬臺国が、当時の日本側は違う字で表記されていた、という可能性が完全に否定できる訳ではないです。が、史料が無いので、「違う字で表記されていたかどうか」はわからんし、ましてもし日本側にも漢字表記があったとしたら「どの字を使ってヤマト国を表現していたか」を知る方法はありません。史料が無い以上分かりようが無いんです当時の中国の日本周辺の呼び方は「倭チビという意味」です。これは日本側の呼び方とは関係なく、周辺の野蛮国をなるべく野蛮な文字で表現しただけで、ヤマトともヤマタイとも無関係です。また、当時の日本では特有の文字が使用された記録がなく、したがって日本側の記録で当時の自分達をどう文字で表現したかは確かめようがありません。外国とのやり取りは全て口頭によるものか、通訳的な人が漢字化したと思われます。しかし、もちろん口語の言語は存在しそれが今に残るヤマト言葉の原型です。つまり「邪馬台国」は日本人が発音したものを中国人ないし通訳者が聞き取り、なるべく野蛮な文字に置き換えたもので、おっしゃる通り当時の日本人の発音通りかは疑いがあります。しかし、日本では日本の事を「ヤマト」と表現していたであろう証拠は沢山あるし、またその後の中央政権は大和地方に誕生したことも事実ですから、邪馬台国=大和王権の原型、とする見方は有力な見方だと思います。なお、唯一の証拠である魏志倭人伝には、その他の地名も沢山出てきており、今も発音がよく似た地名が存在することから、邪馬台国だけが日本の原語と無関係に、当て字だったと考える方が無理があります。やはり「ヤマ」で始まる地名が存在したと考える方が自然です。原文では邪馬壹いちですからその説はありません。倭国がわの書状から書き取ったのを見間違えたしか解釈できません。

About swtsgjc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です